01.24

江角マキコ 芸能界を引退、不倫報道の真相は・・・

女優の江角マキコが2017年1月23日に芸能界から引退する意向であることが明らかになった。

夫とは別居、不倫の報道も

引退の発表は、代理人の弁護士を通じてメディアにファクスにて行われており、現在までのところ記者会見は行われていない。一部メディアから別居中であることと不倫の報道がなされている。

この点についても、別居は事実だが夫婦関係が悪化したものではなく離婚の予定もない、不倫報道は間違い、そして、事実無根の報道には法的措置を準備中としている。

引退、不倫否定、離婚否定、江角マキコのファクス全文


報道各位

明日発売の一部週刊誌において、江角が不倫を行っているとの報道がなされているようですが、相手とされている方とは、投資金の返金交渉の相手方として、交渉のためお会いしているのであって、不倫関係などは断じてございません。事実無根の報道については、法的措置を準備中です。

なお、夫との別居については事実ですが、あくまで双方の仕事や生活スタイル上の便宜のためであり、夫婦関係が悪化したという理由ではありませんし、離婚の予定も全くありません。

芸能界を引退させていただく所存であることは事実です。30年間エンタテインメント業界で活動させていただきましたことについては、とても感謝しております。ただ、子供の誕生も成長も、仕事をしながら歩んでまいりましたので、今は一度立ち止まり、子供のために、今私にしかできないことを選択し専念する時期だと考え、このような決断に至りました。これまでお世話になった皆様に、心より感謝申し上げます。以上

江角マキコ本人が公の場で語られるのか?

突然の引退発表、そしてそれが弁護士を通じてファクスで行われている。いつ引退なのかははっきりしないが、表に出て何かを語るメリットは江角マキコ側からすると無いと判断する可能性が十分あり、このまま公の場ずに引退となることも予想される。

主な受賞・表彰暦

1995年

第7回ザテレビジョンドラマアカデミー賞の新人俳優賞 - 『輝け隣太郎』

1996年

第13回ベストジーニストAWARDの女性受賞者
第5回日本映画批評家大賞の新人賞
第19回日本アカデミー賞の新人俳優賞 - 『幻の光』
第50回毎日映画コンクールのスポニチグランプリ新人賞 - 『幻の光』
第38回ブルーリボン賞の新人賞 - 『幻の光』
第10回高崎映画祭の最優秀新人女優賞 - 『幻の光』

1998年

第17回ザテレビジョンドラマアカデミー賞の主演女優賞 - 『ショムニ』
第2回日刊スポーツ・ドラマグランプリの主演女優賞 - 『ショムニ』

2000年

第19回橋田賞の新人賞

2002年

第47回アジア・太平洋映画祭の主演女優賞 - 『命』

2003年

第26回日本アカデミー賞の優秀主演女優賞 - 『命』

2008年

第19回日本 ジュエリー ベストドレッサー賞 40代の部門受賞

2010年

第3回ベストマザー賞受賞

過去の出来事

1996年に桐島 かれんの弟であるフォトグラファーの桐島ローランドと結婚。同年離婚。
2014年には、2012年時に男性マネージャーを使って長嶋一茂の自宅に「バカ息子」などと落書きをさせたとの疑惑が週刊文春にて報じられている。
また、ビッグダディこと林下清志との間にも確執があることが報じられている。

レポート一覧

全20件

今日が誕生日の有名人

▲TOP
アクセスカウンター